2013年4月 のアーカイブ


引き続きのRSSネタ。

ブログパーツにRSSフィードありましたよね

ブログのサイドに置いてあったフィード表記が、最近はあんまり目に止まらなくなった。

いつからかは分からないけれど、気がついたのつい最近。Google Readerの騒動があってから。

chromeのエクステンションを使うとソース中の link rel=”alternate” を探してくれてアドレスバーにフィードアイコンを表示してくれるので、そればっかりに頼っていたのだけど、きっと数年前から少しずつ減っていったのでは無いかと思う。

ブログサービスのデフォルトの設定が非表示だったりするのかも知れない。
そういえばこのサイトも出してない。wordpressはデフォルトで表示しているけれど、わざわざテンプレート直した時に非表示にした。

やっぱりわかりにくいですよね

非表示になったとしたならば、その理由は何となくわかる。

・ユーザーにとって、そもそも何かわからない。
・表示の文言も意味不明。RSS2.0とかatomだとか複数あったりする。
・あった方が良いものなのかが分からない。

などなど。
フィードについてハッキリした説明が無いし、簡単に出来そうもない。記事を書く人にとって良いものだと思わせる分かりやすい何かが無い。

ブログサービスが流行り始めた頃は、WEB2.0なんて言葉が出まわっていて「RSSも先進的な何か」ということで許容されていたのかも知れないけれど、普及してしまったことで、その存在の説明をすることよりも引っ込めた方が良いと判断したのだろう、と推測できる。

実際、分かっている人は分かってるわけで

ソース上の記述を追って、フィードのURLを見つけて登録という仕組みは、それがちゃんとソース中に記述されている記事のURLがあれば可能だ。
上でも書いたけれど、エクステンションなんかを使えばブラウザのインタフェイスでフィード登録出来てしまう。

サイト上にフィード表示が無くても、積極的にフィードを使う人にとって特に面倒は無いわけで、結局表示しなくても良いじゃないですか、という話に落ち着く方向性なのだろう。
実際自分もそうだ。

ページビューは落ちる可能性がある

RSSリーダを多用すると、そのサイトを閲覧する機会が減る。記事は読むけれど、そのサイトに行かない。フィード表示が無くなりつつあることに気づかなかった理由の一つでもある。

本文抜粋のサイトは、全文読むために訪問しなければならない。人は怠け者に出来ているのか、そういう記事はよっぽど見たい内容じゃないと、そこまでだけでパスしてしまったりする。
だとしたらフィード配信している意味って、そんなにあるのだろうか?という風になっても不思議じゃない。
ページビュー数を誇るアメブロのフィードは記事の抜粋で、画像も非表示となっていることが多いのは、サイトへの訪問を狙ってのことだろう。

というなんとも微妙な位置のRSSフィードなのだけど

Google Reader終了アナウンスで、色々な人が困ったことが明るみに出た。なんだみんなフィード読んでるんじゃない。

WEBは日々進歩していく技術が多く、先進性や新規性、そしてそこからくる収益性に注目される事が多い。わざわざ損するような技術を採用しようと考える人は少ない。
RSSフィードはとても便利な技術だし、使うことで損することは決して無いけれど、地味に普及してしまったために
「で、それで新しいこと出来るの?」
「で、それで話題を集められるの?」
「で、それで儲かるの?」
といった面が現状とても弱い。

Google Reader騒動でも「終わった技術」なんて揶揄を目にした。新規性という意味では枯れつつある技術だと言えるけれど、まだまだ使える技術ではある。


The Old ReaderにGoogle Raderのサブスクライブ情報(subscriptions.xml)をインポート出来た。
インポート設定後、数万人待ちの状態だったのが、ある日突然、出来ましたのメールが到着次第。
Google Readerで設定していたフォルダ情報もそのまま引き継がれているので、さながら見た目の違うコピーサイトを見ているような気分。

引っ越してみて、ああそうだよねえと思ったことがあったのでメモ。大したことではないけれど、同じ事を感じた人は大勢いるのではないか。

当たり前なの話なのですがRSSリーダなのですよね

フィードの情報をインポートしたので、RSSリーダが再度全部のフィードを舐めなおしてくれている。
既読情報はインポートされないので各フィードの情報がまるまる未読になる。

別に最新の情報が少し巻き戻るだけ、なのでちょっとだけ重複するように思えるのだけど、問題は随分前に終わってしまっているフィード。
ブログやフィードの配信源が生きていれば、古い情報だとしても律儀に最新記事20件くらいが返ってきてくれる。いつの話ですか、と思う記事が続出することになる。

ブログを長く続けていれば引越しして新しいサービスに移ることもあるし、期間限定のプロジェクトや、解散してしまったグループなんかのフィードだって残っていることがある。いちいちその度にアンサブスクライブしていなかったので、予想以上にそういうのがあってビックリした。

Google Readerのsubscriptions.xmlに既読未読の情報はありません

エクスポート/インポートのデータ形式はどこかで定義されているのかなぁと思って少し探してみたけれど、特に無いようだ。XMLの中にDTDの宣言も無い。構造はすごく簡単だし、よろしくやって下さいってだけのデータだ。
引越しそのものが頻繁にあるわけで無いし、本当にザックリやってしまうようなところなのだろう。Google Reader終了騒動で他のサービスが引越し対応をした、なんて記事があるくらいなので、インターフェイスはアドホックで合わせたのでは無いかと想像する。元データがそうなので、どこのサービスに引越しても既読情報は引き継がれないだろう。

ということで、世界中で同じような体験をする人が沢山いるんだろうなぁ、という話。


発端はGoogle Readerの終了アナウンス

3月13日にGoogle Readerが7月終了のアナウンスが出た。

個人的にも引越し先を探さないとと思ったわけなんだけど、アナウンスが出た当日は検索しても数年前の「RSSリーダで最新の情報をチェックしよう」みたいな記事ばっかりが出てくるような状況だった。
その後しばらく経って、移転先のサービスはどこがよいか?なんて記事が出回ったり、実際受け入れ体制を進めるサービスも出てきたわけで、如何にこの分野がGoogleReader一択で、安定した刺激の少ない状況になっていたかが伺い知れることになった。

The Old ReaderはGoogle Readerクローンらしい

引越し先として目をつけたのがThe Old Reader。去年の6月にベータを、8月に最初のリリースが出ている、かなり新しいサービス。

今までのアナウンスはこちら

使い勝手はインターフェイスがGoogle Readerにとても近いので今までと殆ど変わらない。
動作が若干遅かったり、インポートが数万人待ちになっていたり、PCブラウザからしか使えないなど、不満はあるにはあるけれど、そこまで問題にならないレベル。
配信された記事の中に大きな画像やYouTubeなんかの埋め込みがあればGoogle Readerでも表示が遅かったりしていたし、逆にこれを数人でやれるんだなぁ、なんて感心してしまう。

そして、その伸び率

そんなこんなでインポート待ちなので、ポツポツ手で新しいフィードを登録しながら様子を眺めていたら、こんな記事が流れてきた。

まさかまさかの移転者続出で、寄付や要望やリアクションが沢山来てありがとう、頑張るよ。あと手伝ってくれる人募集という、本当に牧歌的な内容。ちょっと寄付したくなる。

そんでもって最後に載せているグラフがスゴい。


Mixed news everyone: update, help search, report and pics.http://blog.theoldreader.com/post/47142810692/mixed-news-everyone-update-help-search-report-and より引用

ユーザー数、取り扱い情報数のどちらもGoogle Reader終了アナウンス前の値がほぼゼロになってしまうくらい伸びている。
これは蜂の巣をつついた騒ぎどころじゃない。

ちなみにFeedlyは300万人増えたそうだ

メジャーな移転先として名前があがるFeedlyでも300万人が流入してきたそうだ。

The Old Readerが17万人だから、それのおよそ20倍の数字。上のグラフを見ると20倍といってもそんなでもなさそうに感じするのがグラフの恐ろしさ。
300万ユーザーって、単純にユーザーテーブルが300万レコードあるってことだ。

結論。Google Readerはハンパ無かった

分かっていることは、おそらくこの317万人のウチの結構な人数がGoogle Readerから移って来たということ。つまりGoogle Readerはその人達にサービスしていたということ。
RSSリーダはとにかくストレージを使う。日々流れてくるRSSフィードの情報を格納して、既読未読の情報をユーザー単位に記録する。やっていることは単純だけど、データの維持管理は膨大で、パフォーマンス低下が起きない為の努力は想像を絶するものだと思う。
そしてそれをやっていたGoogleは、やっぱりスゴいんだなぁ、という小学生みたいな感想。マジですごいや。

そしてそれの何%かを肩代わりしていこうとしているThe Old Readerのチームの冒険には期待している。本当にちょっと寄付したい。