AmazonのASINを入力すると商品画像などを表示するサンプル

2011年1月20日

Amazon Web サービスを使って、ASINを指定して商品画像などの情報を引き出して表示するサンプルを作ってみた。

http://lighttpd.dgdk.net/AmazonItemJson/index.html

参考にしたページは、以下の2つ。

ItemLookupのページでは、認証に関しての記述がなく、例にある通りにやってみてもうまくいかなくて困った。認証機能は後で必須になった機能のようで、それについては別資料ということらしい。
RESTのサンプルは順序だって説明してあって、手順は少し長いけれど問題なく実装できた。

サンプルのページが別ドメインにあるのは、契約がもうすぐ切れるWebARENA CLOUD9で、試しにLighttpd+PHPを動かしてみようかと思ったから。Apache+PHPよりも軽いらしいということで、少し動作が遅めなサーバでどのくらい変わるかなぁという実験も兼ねている。ベンチマークなどは実施していないけれど、実際に動かしてみてメモリの消費量は少なくなっているのは確か。

こちらのインストールメモもあるのだけど、それはまた別途で記事にしようと思う。