‘Lighttpd’ タグのついている投稿


用途

お客様向けのデモ用サーバで、BASIC認証を使ってパスワード保護してテスト公開をしたい場面が多々ある。
ありがたいことにお客様は複数いて、お客様毎にドメインやID/パスワードの設定がそれぞれに異なる。
apacheの場合には、.htaccessで都度追加すれば良かったのだけど、Lighttpdでは、一括して設定する必要がある。

設定例

apacheの場合、以下のような.htaccessファイルを作成して、必要なディレクトリに設置していた。

AuthType Basic
AuthName "Protected Area"
AuthUserFile /var/www/.htpasswd

異なるドメインでも、それぞれのドキュメントツリーの中に配置すればそれで解決だった。

Lighttpdの場合、/etc/lighttpd/conf.d/auth.confに以下のように記述する。

$HTTP["host"] == "www.mybenjo.net" {
  $HTTP["url"] =~ "^/test/hoge" {
    auth.backend = "htpasswd"
    auth.backend.htpasswd.userfile = "var/www/.htpasswd"
    auth.require = ("/test/hoge" =>
                ("method"  => "basic",
                 "realm"   => "Protected Area",
                 "require" => "valid-user"
                )
               )
  }
}

hostとurlで2重にチェックを入れる部分がミソ。

また、認証設定を生かすために、/etc/lighttpd/modules.conf も設定する。

server.modules = (
#  "mod_access",
#  "mod_alias",
"mod_auth", ← # のコメントアウトを外す
#  "mod_evasive",
#  "mod_redirect",
#  "mod_rewrite",
#  "mod_setenv",
#  "mod_usertrack",
)
include "conf.d/auth.conf" ← 設定ファイルの記述が無いので追記する

設定後、lighttpdをリスタートすることで動作する、はず。
なお、mod_fastcgiの設定を呼び出す前に記述必要があることに注意が必要。

When loaded together with mod_fastcgi, mod_auth must be loaded before mod_fastcgi. Or else users will experience long delays when login in and sysadmins will probably not find out the source of the problem due to the lack of meaningful error messages.

http://redmine.lighttpd.net/wiki/lighttpd/Docs:ModAuthより。

稼動時の柔軟性はトレードオフか

Lighttpdは、apacheのように、.htaccessで設定を追加することが出来ない。
apacheでも、.htaccessで設定を追加出来ない設定にも出来るのであるが、設定変更の都度、httpd.confと関連するファイルを触るよりは色々と楽だ。
だが、その分だけ負荷が増えているのも事実で、そこに関してはLighttpdの潔いところを認識した方が良いと思う。でも、プロバイダ向けのサーバ用途などには向いていないのも事実なのだと思う。


さくらのVPSにLighttpd+PHPをインストール その1の続き。

FastCGIのインストール

Lighttpdは、PHPを外部のCGIとして実行する。それにFastCGIを使用する。
ソースを、http://www.fastcgi.com/dist/からダウンロードする。インストールした時点での最新版は、2.4.0。
サーバ上で以下の手順を実施。

#tar -zxvf fcgi-2.4.0.tar.gz
#cd fcgi-2.4.0
#./configure
#make
#make install

FastCGIはこれで終わり。

PHPのインストール

せっかくなのでPHPも最新版をソースからインストールした。
CentOSでのインストールなのでhttp://redmine.lighttpd.net/wiki/lighttpd/TutorialLighttpdAndPHP#Othersを参照する。
ソースを、http://www.php.net/downloads.phpからダウンロードする。インストールした時点での最新版は、5.3.5。
サーバ上で以下の手順を実施。

#tar -zxvf php-5.3.5.tar.gz
#cd php-5.3.5
#./configure \
  --enable-mbstring \
  --with-pear

ここで、configure: error: xml2-config not found. Please check your libxml2 installation. のエラーが出たので、libxml2,libxml2-develをインストールして再度実行。

#tar -zxvf php-5.3.5.tar.gz
#yum install libxml2
#yum install libxml2-devel
#./configure \
  --enable-mbstring \
  --with-pear
#make
#make install

configureのパラメータが異なっているが、PHP5.3以降では、cgi-phpがデフォルトで作成される。–disable-cgiオプションでFastCGIを有効にする設定となる。
訂正:どうも–disable-cgiがあると、php-cgiが作成されない模様。ちょっと混乱しているので後で調べて書き直す
それ以前のPHPの場合には、http://redmine.lighttpd.net/wiki/lighttpd/TutorialLighttpdAndPHP#Othersの例に沿う。
参考:http://www.php.net/manual/ja/install.unix.lighttpd-14.php

Lighttpdの設定

PHP関連の設定は、http://redmine.lighttpd.net/wiki/lighttpd/TutorialLighttpdAndPHP#Configurationを参照する。

#vi /etc/lighttpd/conf.d/fastcgi.conf
fastcgi.server = ( ".php" => ((
                     "bin-path" => "/usr/local/bin/php-cgi",
                     "socket" => "/tmp/php.socket"
                 )))

#vi /etc/lighttpd/modules.conf
include "conf.d/fastcgi.conf" ← #でコメントアウトされているので、コメントアウトをはずす。

ここまでの設定で、ひとまずPHPも動作する、はず。

#service lighttpd restart

今度は、さくらのVPSにLighttpd+PHPをインストールしてみたので、インストール時のメモ。OSは、前回と同じくCentOS5なので、基本的には、WebARENA CLOUD9にLighttpd+PHPをインストール その1の時と同じ。前回は、すでにApache+PHP環境だったのをyum removeしてからのインストールだったのが、今回は、さくらのVPSをセットアップした直後の作業だったので、今回の方が例外が少ないと思う。

参考サイト

Lighttpdのサイトを主に参考にした。ドキュメントは英文だけど、そんなにややこしくないので大丈夫。

Lighttpdのインストール

ソースを、http://www.lighttpd.net/download/からダウンロードする。インストールした時点での最新版は、1.4.28。
サーバ上で以下の手順を実施。

#tar -zxvf lighttpd-1.4.28.tar.gz
#cd lighttpd-1.4.28
#./configure \
  --without-zlib \
  --without-bzip2 \
  --disable-ipv6

ここで、configure: error: pcre-config not found, install the pcre-devel package or build with –without-pcre のエラーが出たので、pcre-develをインストールして再度実行。

#yum install pcre-devel
#./configure \
  --without-zlib \
  --without-bzip2 \
  --disable-ipv6
#make
#make install

インストール後の設定は、http://redmine.lighttpd.net/wiki/lighttpd/InstallFromSource#Init-scriptの項目に沿って実施する。
サーバがCentOSなので

#sed -e 's/FOO/lighttpd/g' doc/initscripts/rc.lighttpd.redhat > /etc/init.d/lighttpd
#chmod a+rx /etc/init.d/lighttpd
#cp -p doc/initscripts/sysconfig.lighttpd /etc/sysconfig/lighttpd
#mkdir -p /etc/lighttpd
#cp -R doc/config/conf.d/ doc/config/*.conf doc/config/vhosts.d/ /etc/lighttpd/

#chkconfig lighttpd on

起動スクリプト中のサーバのパスが /usr/sbin/lighttpd で、実際のインストールパスが /usr/local/sbin/lighttpd なので、シンボリックリンクを作成。

#ln -s /usr/local/sbin/lighttpd /usr/sbin/lighttpd

Lighttpdの設定

後でFastCGIやPHPはインストールするとして、Lighttpdがうまく動くかを確認。色々な仕組みを一緒に使う時は、ひとつひとつ動くことを確認しながら進めると意外とはまらない。設定については、http://redmine.lighttpd.net/wiki/lighttpd/TutorialConfigurationで大まかな設定例があり、それに沿えば良い。

#vi /etc/lighttpd/lighttpd.conf
var.log_root    = "/var/log/httpd" ←apacheと同じ場所に設定

server.port = 80 ←サーバのポート。apacheがポート80でまだ動いているような場合は別のポートにする必要がある

server.username  = "nobody"  ←デフォルトで lighttp になっているが、ユーザもグループも作っていないので nobody にした
server.groupname = "nobody"

server.document-root = "/var/www/public_html" ←デフォルトのドキュメントルートを設定

実行ユーザをnobodyにしたので、ログディレクトリ /var/log/httpd がnobodyでアクセス出来るよう設定する。

#chown nobody:nobody /var/log/httpd

ここまでの設定でひとまずLighttpdは動く、はず。

#service lighttpd start

apacheのようにデフォルトページが用意されていないので、最初は何も表示されない。自前でindex.htmlを作ってドキュメントルートにアップして確認する。

 
さくらのVPSにLighttpd+PHPをインストール その2へ続く。


WebARENA CLOUD9にLighttpd+PHPをインストール その1の続き。

FastCGIのインストール

Lighttpdは、PHPを外部のCGIとして実行する。それにFastCGIを使用する。
ソースを、http://www.fastcgi.com/dist/からダウンロードする。インストールした時点での最新版は、2.4.0。
サーバ上で以下の手順を実施。

#tar -zxvf fcgi-2.4.0.tar.gz
#cd fcgi-2.4.0
#./configure
#make
#make install

FastCGIはこれで終わり。

PHPのインストール

せっかくなのでPHPも最新版をソースからインストールした。
CentOSでのインストールなのでhttp://redmine.lighttpd.net/wiki/lighttpd/TutorialLighttpdAndPHP#Othersを参照する。
ソースを、http://www.php.net/downloads.phpからダウンロードする。インストールした時点での最新版は、5.3.5。
サーバ上で以下の手順を実施。

#tar -zxvf php-5.3.5.tar.gz
#cd php-5.3.5
#./configure \
  --enable-mbstring \
  --with-pear
#make
#make install

configureのパラメータが異なっているが、PHP5.3以降では、cgi-phpがデフォルトで作成される。–disable-cgiオプションでFastCGIを有効にする設定となる。
訂正:どうも–disable-cgiがあると、php-cgiが作成されない模様。ちょっと混乱しているので後で調べて書き直す
それ以前のPHPの場合には、http://redmine.lighttpd.net/wiki/lighttpd/TutorialLighttpdAndPHP#Othersの例に沿う。
参考:http://www.php.net/manual/ja/install.unix.lighttpd-14.php

Lighttpdの設定

PHP関連の設定は、http://redmine.lighttpd.net/wiki/lighttpd/TutorialLighttpdAndPHP#Configurationを参照する。

#vi /etc/lighttpd/conf.d/fastcgi.conf
fastcgi.server = ( ".php" => ((
                     "bin-path" => "/usr/bin/php-cgi",
                     "socket" => "/tmp/php.socket"
                 )))

#vi /etc/lighttpd/modules.conf
include "conf.d/fastcgi.conf" ← #でコメントアウトされているので、コメントアウトをはずす。

ここまでの設定で、ひとまずPHPも動作する、はず。

#service lighttpd restart

軽いように感じる

試しにwordpressをインストールしてみたが、apacheで動作させた時よりもプロセスとメモリの使用に関して軽く動作するようだ。apacheの時はアクセスが増えると、子プロセスが増え、メモリも使用するようになっていたが、Lighttpdでは、あまりメモリの使用量は増えない。FastCGIがLighttpdに変わって処理を捌く構成がapacheのそれよりも効率が良いようだ。


AmazonのASINを入力すると商品画像などを表示するサンプルは、WebARENA CLOUD9にLighttpd+PHPをインストールしてみる実験も兼ねていたので、インストール時のメモを。

参考サイト

Lighttpdのサイトを主に参考にした。ドキュメントは英文だけど、そんなにややこしくないので大丈夫。

Lighttpdのインストール

ソースを、http://www.lighttpd.net/download/からダウンロードする。インストールした時点での最新版は、1.4.28。
サーバ上で以下の手順を実施。

#tar -zxvf lighttpd-1.4.28.tar.gz
#cd lighttpd-1.4.28
#./configure \
  --without-zlib \
  --without-bzip2 \
  --disable-ipv6
#make
#make install

インストール後の設定は、http://redmine.lighttpd.net/wiki/lighttpd/InstallFromSource#Init-scriptの項目に沿って実施する。
サーバがCentOSなので

#sed -e 's/FOO/lighttpd/g' doc/initscripts/rc.lighttpd.redhat > /etc/init.d/lighttpd
#chmod a+rx /etc/init.d/lighttpd
#cp -p doc/initscripts/sysconfig.lighttpd /etc/sysconfig/lighttpd
#mkdir -p /etc/lighttpd
#cp -R doc/config/conf.d/ doc/config/*.conf doc/config/vhosts.d/ /etc/lighttpd/

#chkconfig lighttpd on

起動スクリプト中のサーバのパスが /usr/sbin/lighttpd で、実際のインストールパスが /usr/local/sbin/lighttpd なので、シンボリックリンクを作成。

#ln -s /usr/local/sbin/lighttpd /usr/sbin/lighttpd

Lighttpdの設定

後でFastCGIやPHPはインストールするとして、Lighttpdがうまく動くかを確認。色々な仕組みを一緒に使う時は、ひとつひとつ動くことを確認しながら進めると意外とはまらない。設定については、http://redmine.lighttpd.net/wiki/lighttpd/TutorialConfigurationで大まかな設定例があり、それに沿えば良い。

#vi /etc/lighttpd/lighttpd.conf
var.log_root    = "/var/log/httpd" ←apacheと同じ場所に設定

server.port = 80 ←サーバのポート。apacheがポート80でまだ動いているような場合は別のポートにする必要がある

server.username  = "nobody"  ←デフォルトで lighttp になっているが、ユーザもグループも作っていないので nobody にした
server.groupname = "nobody"

server.document-root = "/var/www/public_html" ←デフォルトのドキュメントルートを設定

実行ユーザをnobodyにしたので、ログディレクトリ /var/log/httpd がnobodyでアクセス出来るよう設定する。

#chown nobody:nobody /var/log/httpd

ここまでの設定でひとまずLighttpdは動く、はず。

#service lighttpd start

apacheのようにデフォルトページが用意されていないので、最初は何も表示されない。自前でindex.htmlを作ってドキュメントルートにアップして確認する。

 
WebARENA CLOUD9にLighttpd+PHPをインストール その2へ続く。